/

Cloudflare、「Cloudflare for Platforms」を発表

発表日:2022年05月11日

Cloudflare、インターネット上のすべてのアプリケーションをよりプログラムしやすくする「Cloudflare for Platforms」を発表

ニーズに応じてあらゆるアプリケーションを簡単にカスタマイズ・構築可能に

セキュリティ、パフォーマンス、信頼性を備えたより高度なインターネットの構築を支援するCloudflare(クラウドフレア)は、本日��新たなツールスイート「Cloudflare for Platforms」を発表しました。「Cloudflare for Platforms」を使用することで、あらゆるアプリケーションをプログラム可能なプラットフォームに変換でき、開発者はその上で開発を行うことができます。つまり、「Cloudflare for Platforms」を活用すれば、eコマースソリューションからチャットアプリまで、あらゆるアプリケーションを容易に変換できるようになり、コストがかかる外部サーバーで複雑なAPIを管理しなくても、最新のオープンAPI標準を使って、カスタム機能を構築できるようになります。

企業のビジネスが拡大するにつれて、フォーチュン100社に名を連ねる金融機関から急速に成長中のテクノロジー企業まで、さまざまな顧客の個別のニーズに対応する必要があります。かつて企業は、自社のリソースを使って各顧客向けの機能を構築していました。しかし、これはコストがかかる上にスケーリングも困難でした。例えば、ビジネスチャットアプリケーションのプロバイダーが、顧客からメールツールとの統合を依頼されたとします。これまでのケースではチャットアプリケーションプロバイダーは、貴重なエンジニアリングリソースを費やして、アプリケーション上で直接構築する機能を顧客に提供していました。しかし、「Cloudflare for Platforms」を使えば、どのような企業でも、高額なサーバーや大規模なリソース、外部のコンサルタントを使うことなく、ユーザーが望み、必要とする方法で、アプリケーションをプログラムできるようになります。

Cloudflareの共同創設者兼最高経営責任者(CEO)であるマシュー・プリンス(MatthewPrince)は、「当社は、すべてのユーザーがCloudflareの機能を自分でプログラムできるようにするために、5年前にサーバーレスコンピューティングプラットフォーム『Cloudflare Workers』を構築しました。『Cloudflare Workers』は、最も高速かつ広く普及しているエッジコンピューティング製品のひとつで、ユーザーに無限の可能性を提供しています。今、私たちはこの方式を拡大し、どんな企業でもCloudflareのグローバルネットワークのスケール、スピード、柔軟性を活かしてプログラムができる環境を利用できるように支援します」と述べています。

※以下は添付リリースを参照

リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。

添付リリース

https://release.nikkei.co.jp/attach/632019/01_202205111737.pdf

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン